司法書士と弁護士の行える手続きの違い

司法書士と弁護士の違いを、債務整理のケースを例に説明しますと、弁護士しかできない業務もありますが、司法書士・弁護士の両方ができる業務もありますので、司法書士の出来る業務範囲を知っておきましょう。

弁護士は訴額に制限されず、全ての事案での訴訟代理や示談交渉を依頼者の代理人として行う事ができます。
それに対し、司法書士も、簡易裁判所での訴額140万円以下の民事紛争であれば、弁護士と同じように、訴訟や示談交渉を代理人として行う事ができます。

地方裁判所へ申し立てが必要な自己破産や個人再生手続きなどは、基本的に弁護士が代理人として手続きを行います。
それに対し司法書士は、代理人にはなれませんが、裁判所へ提出する書類作成を行う事は可能ですから、弁護士の数が少ない地方など、場合によっては司法書士へ依頼するのもいいでしょう。

過払金返還交渉を行う際も、請求が140万円以上の場合、司法書士は、過払い金を請求する貸し金業者に対し、代理人として示談交渉や裁判はできません。


しかし、責務の分割返済として示談交渉にあたるのであれば、計算方法は経済的利益から算出する為、140万円以上の責務に対しても代理人として交渉が可能です。

以上のことから、司法書士と弁護士には法律で定められた業務範囲の違いはありますが、地方裁判所で行う自己破産の手続きを、裁判所は司法書士を窓口とする場合が多いので、140万円以上の訴訟でも、司法書士は裁判書類の作成業務を軸に進める事ができ、債務整理を司法書士に依頼するのは有効な手段と言えます。

債務Lady
< 地域 全国対応 事務所 関西
債務Ladyは女性や主婦のために、女性スタッフ対応の女性専用相談窓口です。絶対秘密厳守はもちろんの事、取立て即日ストップ可能で、相談無料、分割払いも柔軟に対応。全国対応し、着手金0円。債務に関する相談で不安に感じている女性の方はぜひお気軽にご相談下さい。女性スタッフが絶対秘密厳守で親切丁寧な対応です。
債務Ladyの詳細はこちら>>
新大阪法務司法書士事務所
< 地域 全国対応 事務所 関西
新大阪法務司法書士事務所の司法書士は、任意整理・過払いで多くの実績があります。相談・依頼は全国どこからでも受付、着手金無しで、1社にかかる費用が安く設定され依頼しやすい事務所です。高い交渉力と丁寧な対応、信頼の厚さには定評があり人気です。司法書士へ依頼をお考えでしたら、まずは【新大阪法務司法書士事務所】ご相談下さい。
新大阪法務司法書士事務所の詳細はこちら>>
樋口総合法律事務所
地域 全国対応 事務所 関東
経験と親切丁寧な対応に信頼の厚い司法書士がいます!徹底した秘密厳守で様々な状況でも安心して依頼ができます。全国どこでも対応。相談無料で、着手金無し、減額報酬無し、過払い報酬10%と低価格で分割払いや後払いにも対応している為、無理なく気軽に依頼ができます。債務整理でお悩みでしたら、こちらの司法書士に相談してはいかがでしょうか。
樋口総合法律事務所の詳細はこちら>>
女性専用窓口

女性が安心して利用できます!